行列ができる産婦人科医院というものが本当に存在しているんですね。
神田うのとSHIHOは同じブランド病院で出産してとかしないとかで話題になっていますね。

でも、よい病院はしっかりと評価されるべきですよね。

時々、人の命を金で買うのか、
などとよくわからないことを言う人もいるけれど

質を保つためにがんばっている病院は、しっかりと評価してあげないとね。



 

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111030-00000005-nkgendai-ent
神田うのとSHIHOは同じ“ブランド病院”で出産

<行列ができる産婦人科医院>

 今月22日に神田うの(36)が第1子となる女児を出産。24日には総合格闘家・秋山成勲(36)の妻でモデルのSHIHO(35)も同じく第1子となる女児を出産と、有名人の出産ニュースが相次いでいる。
「実はうのとSHIHOは同じ病院で出産しました」というのは芸能関係者だ。都心にあるこの病院は、芸能人や金持ちセレブが通院することで知られていて、中でも産婦人科は行列ができるほどの人気だという。
「産婦人科には医学会で“ゴッドハンド”と呼ばれるほどの有名医師がいます。無痛分娩にも対応しているし、初産の妊婦にとっては頼もしい限り。過去には工藤静香、松嶋菜々子、宮沢りえがここで出産しました」(病院関係者)
 病院の受付はまるで高級ホテルのフロント。病室は20~70平方メートルの6タイプあり、オール個室。病院食は専属シェフが作り、高級な西洋陶器のお皿に載せられて運ばれてくるという。
 もちろん、値段も破格。通常、出産のための入院期間は5日前後だが、「この病院の平均的な個室料金はその5日間で70万円前後です。病院内に一室だけ、ホテルでいうところのロイヤルスイートのような部屋があって、そこは100万円。うのはこの部屋で出産したそうです」(病院関係者)。
 ちなみに、この病院には現在妊娠6カ月のNHK青山祐子アナが通院中。庶民には想像もつかない世界だ。